FC2ブログ
まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20120213 Mon
メモ。お金とは約束である 

メモ。お金とは約束である 

ツイートしたことのメモ。

お金とは約束である。

経済システムとは「あいつらうまくだまくらかして利益引き出そうぜ」のくり返しでできたものである。いわば、いびつな形で増築がくり返されてきた家のようなものだ。

お金とは人間関係である。人との繋がり、人を動かせるもの。人への頼みごととか人間関係の面倒なことをお金が請け負う。「あの人はお金のことばかり言って冷たい人だ」なんてことがよく言われるが、もしかしたら「お金が人間関係の面倒事を請け負う」ことへの気づきがあるのかもしれない。

「でたらめに増築がくり返されてきた家」という比喩は、経済システムの他にも法律や資格試験の決まり事なんかにも適用できると思う。

例えば資格試験の場合、本来はその資格に見合った能力を持つ人をちゃんと選抜しなくてはいけないんだけど、関係者から「自分のアホ息子を合格させたい」みたいな欲が出てくるために免除規定ができることになる。そして整合性が取れなくなってくる。

経済の仕組みを勉強する前に、まずは「でたらめな仕組み」なんだということを前提に置いた方がいい。頭の良い人が神様のように統率力を発揮して作ったシステムだと思うから難しく感じるしいつまでたっても理解できない。

なぜでたらめなのかというと、その時々のいろんな勢力いろんな人々の思惑がせめぎ合っているから。

近代は紙切れの時代、現代は電子データの時代。物質はなんだっていい。人々の約束が共有できればそれでいいんだから。

人々の約束の共有…紙切れや電子データで何を共有するのかというと、お金であり契約書類であり証明書であり資格であり学位であり。

多くの人がそうだと思い込むことがたくさんあって社会が動いている。私はそれがおもしろい。そういう意味でお金がおもしろいと思うし不思議で仕方がないんだけど、その面白さを共有してくれる人はあまりいない(^-^;)

私が「お金が面白いと思う」というときには、そもそもお金とはなんぞやみたいな根本的なところを考えてるんだけど、人によってはお金の儲け方であったり、お金で身を滅ぼすことを思い描いていたりするので、お金が面白いといっても噛み合わない場合が多い。


続きを読む »

20120109 Mon
【ツイキャス】占星術でホロスコープを見てもらってきました。グダグダ占い談議 

【ツイキャス】占星術でホロスコープを見てもらってきました。グダグダ占い談議 



先日の土曜日に行って来ました。
私自身もホロスコープを読めるのですが、やっぱり自分自身についてというのは見落としている点が多々あるものですね。



20111215 Thu
【ツイキャス】さよなら伊勢佐木書林と古本屋談義 

【ツイキャス】さよなら伊勢佐木書林と古本屋談義 

伊勢佐木町の古書店・伊勢佐木書林が12月18日に閉店すると聞いて探訪してきました。

伊勢佐木書林探訪


古本屋談義


20111028 Fri
悟りと煩悩の両立。自意識過剰もまた良し 

悟りと煩悩の両立。自意識過剰もまた良し 

「いまに在ること」
「行為に没頭する忘我の境地」
「自分のアイデンティティをちっぽけな自己像ではなく、大いなる存在に置くこと」
という状態が常態になることを目指してきました。一時期、ある程度うまく行ったこともあります。こういうのを悟りと言えばそうなるのでしょうか。

逆に、そうでない状態。
自意識があって、その自意識をベースに色々なことをアレコレと考えている状態。さきほど記したのが悟りだったら、こちらは煩悩でいっぱいな状態と言えます。

これがあらゆる苦しみを生み出す原因だという。
自分の自己イメージを必死で守ろうとする苦しさや、自己イメージが危機に陥ったときの激しい自己嫌悪などを思い起こすと、確かにそうです。

数年前、精神的に調子が悪かったとき、セルフヘルプ系の本を漁ったりフラワーエッセンスを試したり色々なことをやってみました(精神科には一回だけ行きました。ウツ症状という診断を受けメイラックスをもらいました)。その中で、一番効果を実感して、症状が落ち着いた以降も続いているのは、上に書いたエックハルト・トールの考え方です。もともとはブッダが提唱していたことらしいです。

私がそれをどんなふうに試していたかというと、例えば
・今自分がしている一つ一つの動作をちゃんと意識して、行為に没頭するよう心がける。
・いつも自分の身体に意識を置くようにする(地に足がつくという感覚とリンクしている気がする)。
・自意識を手放す。そうすると、余裕ができてくるというか、否定されて激しく落ち込むとか、褒められて舞い上がるみたいなことがなくなる。いわば、自分を評価されることに鈍感になる。

こんな感じで、それはある程度成功しました。
ただ、そうなると、そのままでわりと幸せなので、あまり何かを表現しようという意欲が湧いてこなくなるんですよね(私は何かを表現するときに不満や違和感を原動力にしていたということがわかったわけですが…)。そして、あれこれ考え事をしなくなるから、あまり言葉が出て来なくなる。

エックハルト・トール曰く、そういう状態であるほうがむしろ天啓のように適切な言葉が出てくるということなので、私が「いま」への留まり方が足りないということも考えられますが。

それから、やっぱり自意識を手放すのは淋しいのだということに気がつきました。自分という存在、自分が思い描く「ぼうごなつこ(含:なすこ、@nasukoB、防後奈津子)」という自己像が肯定されることの喜びは、やっぱり人生に必要だと改めて思います。これがなかったらつまらない。

というわけで、最近、煩悩の再評価をしています。ただ、ここで大事なのは、「どちらか」ではなく「どちらも」ということ。悟りの状態が人生に不可欠であることには変わりありません。私は生活の中で、意識して両方を交互に取り入れていきたいです。

今まで、エックハルト・トールの考えを実行しようとして成功したり違和感を感じたり、ツイートして心に染み込ませてきたりと、散々取り組んできましたが、ようやく自分の中で消化できたような気がします。全部消化したわけではないけど、少なくとも、鵜呑み段階から、一段進むことができました。

20111023 Sun
「武器としての決断思考」世間の状況が変わっても逞しく生き抜く術 

「武器としての決断思考」世間の状況が変わっても逞しく生き抜く術 

武器としての決断思考 (星海社新書)武器としての決断思考 (星海社新書)
(2011/09/22)
瀧本 哲史

商品詳細を見る


主にIT技術の発達という要因により、状況がめまぐるしく変わっていく現代社会では、専門的な知識や技能を身につけても、その業界、その仕事自体がなくなってしまうリスクがありますが、「考え方」自体をなんとかすればオールマイティに生きていかれます。

広告: