まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20110509 Mon
心に水をためておけば、怒りの炎をすぐに消すことができます 

心に水をためておけば、怒りの炎をすぐに消すことができます 

送信者 2011/05/10

ティク・ナット・ハンの「怒り 心の炎の静め方」にそういった意味のことが書いてあったのですが、これだっていう記述がいま見当たらないので、自分の言葉で書きます。


「心に水をためる」とは、自分自身、そして「いま、この瞬間」に心を置くこと。
吸う息、吐く息に意識を向けて、意識的に呼吸をすること。
意識的な歩行、意識的な食事・・・自分のしている動作をきちんと意識すること。

多くの行動は他のことを考えながらしている。
例えば、目の前の料理をおざなりにして何かを考えながら食べる。
それは食べているのに食べてないこと。

自分と自分のしていること、いまこの瞬間に心を集中する。
それが実践、それを練習。
全ての時間がそうである必要はない。
そして、すぐに上手にできるわけじゃないけど、気づいたらやろうとすること。
それを続けること。
やればやるほど、深く自分にいることができる。
やればやるほど充足感を得られるようになる。

過去や未来の心配事などなどにとらわれない、「いま、この瞬間」に目覚めた状態。
本来の在り方。

私の体感では、自分自身に意識を戻す感じ。
色々な心配事や後悔、思い出の反芻などなどにとっちらかっている意識を、自分の身体、ハラのあたりに戻す。そして呼吸を意識する。これがティク・ナット・ハンの言う「心に水を貯めておく」によくマッチするような気がしています。

心に澄みきった水がたっぷりとあって、怒りの炎が燃えても、スッと自分の中心に戻ることができる、それが理想です。そんなふうになったらいいな(´∇`)
スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/976-f5721c13

広告: