まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20090826 Wed
CSIを原語で見たけどなかなか聞き取れないな 

CSIを原語で見たけどなかなか聞き取れないな 

最近、英語の勉強にと思ってCSIのDVDをちょこちょこみてるけどなかなか聞き取れない。単語とか断片はは聞き取れるんだけど全体の話の流れを統合できない。読む方はちょっとぐらい細部がわからなくても、大体の言いたいことが理解できるのに。

でも、本来はむしろ読むよりも話す方が簡単なんだよね?それが不思議。

で、今思ってることは、言葉の核みたいなものがあるんじゃないかということ。英語を普段使ってる人でもみんないろんなふうにしゃべる。でも互いに理解できてる。私は、たとえば、ニュースの英語とか又は英語の不自由な人向けにわかりやすくしゃべってくれる英語ならまあまあわかる。でも、はっきりした感じじゃなくてもごもごってしゃべったりなまってたりすると途端にわからなくなる。なまるっていうのは、たとえばインド人がしゃべってる英語とか(ボリウッド映画のビデオで、途中まで英語を喋ってるのに気づかなかった)。でも、それでもネイティブスピーカーは理解できるんだよね?それは、私たちがどんな変化した日本語(地方の訛りや若い子特有の喋り方など)でもだいたいの意味が理解できるのと同じようなことなんだと思う。理解のポイント「ここさえ押さえておけば大丈夫」というところが言葉にあるんだろうね。

あとは言葉そのものの規則性みたいなものの他に、過去の記憶から空気を読んで「こういう状況だったらおそらくこんなこと喋るんだろう」とあたりをつけて構えて聞くというのもあるかもしれない。目で見て判断する場合も、見慣れた風景だと脳が記憶の風景とあわせて再構成するから、視覚だけでちゃんと見ないんだって。聴覚の世界でもそういうのあるんだろうね。

追記・言葉の核→言葉の基本構造。でも文法じゃないんですよね。だって日本語でも英語でも普通の会話だと文法が間違えたまましゃべることなんか普通のことだし、また聞き手もだいたい言わんとすることは理解できる。


CSI:科学捜査班 シーズン7 コンプリートDVD BOX-IICSI:科学捜査班 シーズン7 コンプリートDVD BOX-II
(2009/06/26)
ウィリアム・ピーターセンマージ・ヘルゲンバーガー

商品詳細を見る


スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/682-705aaf0f

広告: