まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20090826 Wed
リニューアル後の有隣堂本店へ行ってきたよ 

リニューアル後の有隣堂本店へ行ってきたよ 

リニューアルして裏の文具館と一緒になった有隣堂本館に行ってきました。

地下:マンガとか参考書とか、子どもや学生御用達の本。
1階:今までと同じ。雑誌と文芸、エッセイ、芸能人写真集とか。
2階:文庫・新書。そういえば、20年前くらいも2階は文庫コーナーだった。
3階:文具
4階:文具(事務用品)、医学書コーナーは温存されてる
5階:美術、経済、哲学、教育、科学
6階:実用書、料理とか美容とかスポーツ、ペットなど。今まで2階にあったものが6階に越してきた感じ。

私の感想では、実用書が6階になったのがちょっと使いにくい感じがしました。女性向けの美容や料理の本ってもう少し下の階にあった方がいいんじゃないかなあ。実用書、特に美容本とか料理本を買おうとする人は読書そのものよりも情報だけ欲しいという感じなので、目的の本をささっと見つけてすぐ帰るイメージがあります。ですので、入り口から遠い階に目的の本を置くと、めんどくさがって他の本屋でいいやみたいになりそう。同じ実用書でも鉄道関係とか熱心なファンがいる分野だったら大丈夫そうですけど。有隣堂にはエスカレーターがあるんだけど、ちょっと狭くて古いから上階に行くのって億劫なんですよ。

逆に、1階の文芸書は6階にすればいいんじゃないかなと思いました。文芸書を買う人は読書、本自体が好きという人が多そうなので、6階まであがってくるのも(実用書の読者よりは)厭わないんじゃないかな、なんて思いました。

良かったのは、子供向けの本が今までの5,6階から地下になったこと。小さい子や子連れの大人もずっと行きやすくなったと思います。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/681-85c3c349

広告: