まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20090411 Sat
アタマにくる一言へのとっさの対応術 

アタマにくる一言へのとっさの対応術 

アタマにくる一言へのとっさの対応術アタマにくる一言へのとっさの対応術
(2000/06)
バルバラ ベルクハン

商品詳細を見る


帰り道、山手の古書店の店頭で100円で売ってたので購入。
実は、この本が発売され2000年頃にもタイトルに惹かれて買っていました。
でもそのときはちゃんと読まないまま、どこかに埋もれてなくしてしまったか処分してしまったか。
内容についてもあまり覚えてなくて、唯一覚えているのが、当時同じタイミングでこの本を買った友人が「読んだけど腹が立った」という感想を言ってたこと。そのときは、同じタイミングで同じ本をということにテンションが上がってて、友人がその本を読んでなぜ腹が立ったのかは聞きそびれてしまいました。いずれにしても、この本はブックオフでよく100円コーナーに何冊もまとめて並べてあるので当時けっこう売れたんでしょうね。・・・と思って、本の奥付を見てみたら2000年6月27日第一刷発行で、同じ年の8月17日にもう第十六刷だって!草思社ってこんなに売れる本出してるのになんで民事再生法申請したんだろ?

そんなことを思い出しつつ再読。

・自分の周りに分厚い防弾ガラスでできたバリアがはられるのを想像する
 ―効果があるかわからないけどまあ想像するだけならタダやしいいと思う。
・「ああ言われたら、こう言おう」と準備万端で「さあ来い!」という心構えで挑むと、相手はその気配を感じるのか、何も言ってこなくなる。
 ―内面が変わると外界も変わるんだな。
・あなたをダシにした冗談を言ってるときには決して笑顔を見せないこと。
 ―愛想笑いしないで嫌だってことに正直になったほうがいいんだな。
・何か言われたときには「心の真ん中」に戻る。
 ―これが一番しっくりきた。
  心の真ん中というのは、「あなたがそこを起点にして、冷静に集中力を持ってものごとにあたることのできる場所を言います」とのこと。

細かいテクニックは文化の違いもあるし全て使えるわけじゃない。でも全体として、「相手の言葉を考えるのではなく、自分がちゃんと自分自身でいられているか、マイペースを保つことにたくさん注意を払う」という考え方はとても良いと思う。


具体的なテクニックでは、これが良かった。
・相手の言葉ではなく状態に注目する。相手の状態、相手が目下どんな様子であるかを冷静かつ客観的に言ってあげる。

例えば、
攻撃側「おまえは大馬鹿やろうだ」
あなた「いま怒ってらっしゃいますね」

攻撃側「あら、いやあね、いい年をしてよくそんな格好ができるわね」
あなた「私の格好がお気に召さないようですね」

相手の目の前に鏡を差し出すような心持で、相手の様子を簡単にあっさりと伝えてあげる。
そのあとで間をおく。長い説明やアドバイスなどはしないように。


でも、基本的にはこういう場面には遭遇したくないですね。
いつもその人の良い面を見て、人を好きになったり尊敬したりしていたい。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/491-0c40682a

広告: