まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20081029 Wed
ブンブン堂のグレちゃん 

ブンブン堂のグレちゃん 

ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記
(2007/05/17)
グレゴリ青山

商品詳細を見る


いいなあ・・・
私も1980年代の大阪の古本屋さんでバイトしたいなあ・・・

大阪にも東京の神保町のような古書店がたくさん集まっているエリアがあるんですね。
主人公のグレちゃんがバイトしてるお店は古本屋が集まっている阪急古書のまちの一角にあります。
グレちゃんは18歳の乙女らしくオサレで同世代がたくさん集まるところへのバイトとも思うものの、実際にバイトしてしまうのは、地味でディープで中高年ばっかりの古本屋さんなのでした。

でもなぜか読んでてすごいうらやましくなってくるんですよ。
この古書店街が変わり者のユートピアって感じなのがすごいイイ。
店長さんとかバイト仲間とかがもれなく変人で、独身率が異様に高くて、絶対会社員や公務員に向いてないタイプで、大阪だからか冗談好きでみたいなのがイイ。

ネットの中だったら共通の趣味の仲間とか見つけられるけど、リアルな職場や学校でっていうのは難しくない?なんか今人気のテレビ番組とか音楽とか映画とか、そういうあんまり興味ないものがコミュニケーションツールみたいになりがちだったりして、別に合わせなくていいのに話題にのれない疎外感をかんじてしまったりするもんだからさー。あとは年令に合わせた振る舞いとかなんとなく結婚してなきゃいけないっぽいプレッシャーとかさー。
自分がしっかりしてればいいことなんだけど、やっぱり周りが自分と似たような人だったりすると文化摩擦が起こらなくて生きやすいですよね。

話は「ブンブン堂~」に戻ります。
特に私が好きなのが、古本屋仲間で京都に遊びに行くところ!
一見共通点のない三人なんだけどみんな妙に趣味が渋くて、古本屋さんを見つけるとそれぞれ「伏見直江(戦前の女優さん)」「竹中英太郎挿絵の本」「天の橋立を股からのぞく絵はがき(?)」という超マニアックな趣味の買い物をして満足します。
これとかすごいうらやましいよな~
私も古い映画とか昔の女優さんとか好きだったりしたんだけど、当時はなんとなく恥ずかしくて職場や学校の仲間に言えなかったからさ~。
なので、グレちゃんのこういう環境をすごくうらやましく思ってしまいました。


naoe.jpg
伏見直江さん(左)、ニュース和歌山「わがスクリーン遍歴」さんよりお借りしました。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/294-c9f9dde6

広告: