まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20081015 Wed
和製ハゲタカ 東京新聞 堤未果さんの記事より 

和製ハゲタカ 東京新聞 堤未果さんの記事より 

前に堤未果さんの「ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)」を読んで、「アメリカってこんなひどいことになってたんだ!」という衝撃と共に、日本もこんなふうに怖くて住みにくい国になったらやだなあと遅ればせながら危機感をおぼえました。

「貧困大国アメリカ」自体は読みごたえのあるすごく良い本でした。
こういったテーマを取り上げていながらも、堤さんの書き方からなのか、読んでいてイヤな気分にはならないんですよ。
むしろ、なにか自分にできることがあるんじゃないかと考えたくなる希望のようなものが湧いてくる不思議な本です。

そんなわけで堤未果さんの名前があるとつい気になって見てしまいます。
この東京新聞のコラムによると、奨学金をはじめ、年金や保険、税金などの取り立てを民間の業者に売り渡すという法案を自民党が今年秋の臨時国会で提出するそうです。
堤さんがコラムで書かれているように、国は「年金や税金を滞納せざるを得ない生活」を先になんとかするべきなのに、追い詰めて身ぐるみ剥がしてどうすんだ!
国にとって得か損かで考えても、滞納してる人がお金を払えるようにふところを温める政策を取っていったほうが(イソップ童話の「北風と太陽」みたいに)いいと思います。


クリックすると画像が大きくなって記事が読めます。
堤未果さん 和製ハゲタカ 東京新聞コラム


スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/279-3d2dcbb9

広告: