まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20081013 Mon
報道2001で高学歴難民が取り上げられてるのを見た 

報道2001で高学歴難民が取り上げられてるのを見た 

日曜の朝、フジテレビの報道2001で高学歴難民のことを放送してました。
ここで取り上げられていた41歳の非常勤講師をされている方は、大学の専任講師になって研究生活を続けていくことが希望で、就職活動をずっと続けているそう。
それにもかかわらず専任講師への道は閉ざされたままで、いまも年収130万円のワープア生活を余儀なくされているそうです。

先日読んだ「教育格差の真実~どこへ行くニッポン社会~ 」では、「教育は社会の共有財産、国民の知的レベルを上げていくことが国力につながる」と言っていましたが、対してこの番組では「教育は共有財産なんかではなくて個人的なこと」だと考えられているようでした。
なので、番組で高学歴難民とされている方へのアドバイスも、「自分の研究してきたことにこだわることをやめて違う道へ進んだらいい、研究は余暇でやればいい」というものでした。
その例として、研究生活をやめて医者になった人や、京都大学の大学院をやめて大工になった人を紹介してましたが、文系の人に対して理系の人の進路ばかり取り上げてもあまり参考にならないんじゃないかと思いました。

コメンテーターとして出演していた茂木健一郎さんだけが「こういうのは個人の力だけではどうしようもない、制度の問題でもある」と仰っていて、私は茂木さんの読者なのでほっとしましたが、番組全体としては「研究に固執しているのが悪い」という自己責任的な論調でした。

私は大学の詳しい事情はわからないのですが、高学歴難民(または高学歴ワーキングプア)というのは、非常勤講師の給料を上げたり待遇をよくすれば簡単に解決するのではないかと思いましたが・・・。
大学側が、待遇に露骨に差をつけて(しかもそれは本人の責任のように思い込ませて)安い値段で使い倒しているのが問題なのではないかと思いました。


スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/277-c883e921

広告: