まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20080823 Sat
新自由主義はオカルト思想 

新自由主義はオカルト思想 

これもさっき投稿した「博士も知らないニッポンのウラ」の町山智浩さんが出てる回を見て印象に残ったことの二つめ。書きたいこといっぱいあるから長くなりそう。

現在のアメリカ共和党政権の経済政策、新自由主義というか市場原理主義というか自由放任主義経済は、実はキリスト教原理主義に基づいたオカルト思想だっていうのが面白かった。

市場原理主義はご存じの通り、市場に任せておけば自然に需要と供給のバランスがとれて行って良い方向に収束していく。だから政府は経済について手出しは無用。福祉だって余計なことしなくても市場の勝ち組さんが自ずと儲けたお金で人を雇ったり慈善活動をしたりして分配してくれるから、金持ちがより金持ちになれば自然に世の中良い方向に進化するというもの。

これは「経済は神が創ったものなので人間は自由に経済していれば神様が良い方向に導いてくれる」というアダムスミスの「神の見えざる手」というか、キリスト教原理主義思想なんだって。こうして見るとオカルトなんだけど本気で信じてる人はいっぱいいるんだそうです。この番組の始めの方で「アメリカではダーウィンの進化論を学校で教えちゃいけないことになっていて(裁判でそういう判決が出たらしい)多くの人は科学よりも聖書に書いてあることを信じてる」って話が出てくるんですが、それとつながってるように思いました。
 イスラム教国でコーランに基づいて政策を決めてるとかいうのを聞くとすごく非科学的で前時代的な印象を受けるけど案外アメリカでも人のこと言えないみたいなところがあったんですね。

逆に民主党の方は、「経済は人間が作ったものなので、ある程度人間がコントロールして暴走しないようにしなければいけない」という経済政策。なので、福祉をする場合はお金持ちからお金を取って政治の力で社会に分配しようという考え方なんだそうです。
こんなふうに、アメリカでの二大政党の最大の違いは、民主党がケインズ経済学、共和党が新自由主義という経済政策の違いが一番大きいんだって。

で、どっちが良いのかって話だと、やっぱり民主党のケインズ経済学に基づいた経済運営が良いのでは、ってことでした。町山さんのお話では、アメリカでは共和党の放任主義経済で経済がメチャクチャになって、民主党で建て直して・・・ということを繰り返している歴史があるんだそう。有名なところでは、共和党のフーバー大統領が自由放任主義経済で大恐慌を引き起し(ウィキペディア読むと大恐慌が起こったのに自由放任主義経済でますます悪化させたとも読めるけどどっちなんだろう)、そのあとの民主党のルーズベルト大統領がニューディール政策で民間経済に介入して尻拭いしたということと、あと最近では共和党のレーガン時代の赤字を民主党のクリントン政権時代に2300億ドルの財政黒字に建て直して、今度はブッシュ政権では4130億ドルの赤字(金額は両方ともウィキペに載ってたのを拾ってきたやつです)になったということ。こう数字で見せつけられるとやっぱり市場原理主義ってダメなんじゃないの・・・?と思ってしまいます。

日本人としてはクリントン時代の対日貿易制裁がトラウマで民主党になったらまたそうなるのかと思いがちなんですが、町山さんに言わせれば、もしオバマさんが大統領になっても既に経済的に日本は相手にされてないから大丈夫だそうです。今は日本よりも中国の方が脅威になっているので、なにかするとしたら中国になるだろうとのことでした。なので、民主党政権になった方が米中関係は悪化する可能性大だそうです。

知らないことばっかりだったので、すごい勉強になりました。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/224-5cb99296

広告: