まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20131210 Tue
【4コマで読む資本論】9回目 「お金はこうして使えなくなった」  

【4コマで読む資本論】9回目 「お金はこうして使えなくなった」  

9お金はこうして使えなくなった

昔、お金として流通していたお米や塩は、たとえ交換ができなくても自分たちで食べることができました。まあ、貝殻は微妙ですけど、見て楽しいという使用価値がありました。家畜や布をお金のように交換物としていた地域もありました。交換価値もあるけど、使用価値もちゃんとある状態です。
※「交換価値、使用価値とはなんぞや」というのはこちらをご覧ください

お金代わりに使われていた物は世界各地でバラバラでしたが、そのうち金・銀に集約されていきます。

なぜ金と銀なのかというと、あらゆる意味からお金としてちょうどよい物質だったからだそうです。
金と銀はお金の他にもアクセサリーとか銀の食器とかいろいろ使い道がありますよね。

金と銀はお金にちょうど良かったものの、たくさんあったりすると家で保管するのも泥棒が心配ですし、持ち歩くのも重くて大変です。というわけで、たくさん金銀を持つお金持ちは貸し金庫に預けることが多くなりました。その預かり証が「紙幣」お札の原型です。

いま私たちが使っている紙幣、その昔は紙幣を銀行に持っていけば、実際に金と交換してくれました。

でも、そのうち市場に出回るお札に実際の金が追いつかなくなって、金と交換できる制度が中止となり、「国がお金を認めるからお金」ということになりました。これが今の紙幣です。

そして、データ上の取引の割合が多くなってきた現在、とうとうお金は交換価値だけで使用価値がゼロの存在になってしまいました。「お金は使えなくなった」とはこういうことです。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/1263-7f1e84ed

広告: