まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20111007 Fri
機械化しても現場の負担がなくならない理由 

機械化しても現場の負担がなくならない理由 

今の仕事をする前に港湾関係の会社で事務の仕事をしていました。(前の仕事と今の仕事の間にニート期間あり)

昔は人の力に頼るところも多かった港湾荷役ですが、現在はすっかり機械化、コンテナ化されています。

機械化が進んで、さぞ作業もスイスイ効率化されただろうと思いきや、現場の状況ってけっこうひどいんですよね。

慢性的に壊れたクレーンや変にクセのついたトレーラーを、だましだまし運転していたりする。

本来の操作をしてもまともに動かないので、妙なコツとか職人技を発揮しなければならず、無駄に消耗する。

荷物を運ぶ動線の設計がおかしいので、トレーラーとクレーンがぶつかりそうになったりする。

一応、機械のメンテナンス係が待機しているものの、応急処置しかできないので、根本的な解決にはならない。

この業界はわりと管理職と現場労働者が断絶しているので、事故が起こっても管理職サイドに原因が理解できない。自分が乗るわけじゃないので、何かあっても毎回「スピードの出しすぎだろう」「何か運転をミスしたんだろう」ということで片付けるから一向に改善されない。現場と管理職の間の不信感がますます広がる。

という感じでした。

ポイントは、機械化したとても、その機械がちゃんと動くのかがわからないということ。こんなふうに、機能しない機械をなだめすかして使っているところ多そうですよね。

こういうところ、他にもたくさんあるのではないでしょうか。
私は原子力発電所はきっとこんな感じなのではないかと思っているのですがどうでしょう。
「原発労働記」を読むと、実際に現場に入る下請け業者及び日雇い労働者と電力会社の間こそ断絶して、まともな協力関係があるとは思えませんでしたし、メンテナンスも素人の日雇い労働者任せでしたし。

スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/1019-25d62a29

広告: