まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20110925 Sun
横浜トリエンナーレ Bank ART Studio NYKのベスト3作品 

横浜トリエンナーレ Bank ART Studio NYKのベスト3作品 

送信者 2011年9月25日


ヨコハマトリエンナーレ。
先月、横浜美術館に見に行って後悔したけど、3会場通しチケット買っちゃったからBankARTにも来たよばかやろーと半ばやけになって見に行きましたら、なかなか良い作品に出会うことができました。

横浜美術館より、映像作品が多く、それらにとても魅力的な作品がありました。

以下、私が好きな作品ベスト3です。

第1位 カールステン・ニコライの「フェーズ」

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

この画像だと何がなんだかわからないかもしれませんが、真っ暗な個室の中に、こんなふうに色々な形の光と影が動いているんです。白黒の世界の中、雨音のような風のざわめきのような虫の音のようなザーっとした音が鳴っています。真っ暗な夜の庭にいるような感覚、それがが妙に気持ちよくて、いつまででもいたいと思いました。

ここでぼーっと作品世界に没頭したい気持と、素晴らしい作品に出会ったことを伝えたい興奮。そのうち興奮が勝って、外に飛び出しました。
送信者 2011年9月25日

行列してる中、撮影しづらかったのですが、これは誰の作品か把握せねばと思って撮影。
カールステン・ニコライという人のフェーズという作品だそうです。
個室の中は、人数が制限されています。
何人か出てくると、その人数だけ中に入れます。
一回中に入ったら好きなだけいていいようです。



第2位 スイカネックレス

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日


正式名称はスイカネックレスじゃないと思うのですが、メモするのを忘れてしまいました。

塩の結晶でできたシャンデリアのようなオブジェがたくさん浮かんでいる奥に映像作品。
死海に浮かぶネックレスがゆっくりとほどけていきます。
ネックレスの中央には女性がくっついています。

寄ってみると、ネックレスは紐でつながれたスイカ、ところどころ赤いところはスイカの中身です。係員の人の説明によると、この女性はこの映像と塩シャンデリアの作者さんだそうです。ちなみにここの係員さんはめずらしく作品の説明をアナウンスしていました。たいていは「近寄らないで下さい」「触らないで下さい」などの注意喚起しかしないので、際立って見えました。

きれいで不思議で、見入ってしまいました。
スイカというアイデアもかわいいと思いました。
作者の女性もいかにもアーティストという感じで、Lの世界なんかに出てきそうですね。


第3位 横浜とホーチミンでマラソンして桜を描く映像

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

送信者 2011年9月25日

ハノイと横浜の地図を重ね合わせ、メコン川を桜の木の幹に見立て、ハノイと横浜両都市で走ったコースが桜の花になっています。

最初は赤と黒の世界で、ちょっと目を話したすきに鮮やかな青と桜色になっていました。

■話題の作品The Clockも見てきました。色々な映画の時計の出てくるシーンをつなぎ合わせ、その時間はちゃんと実際の時間に合わせられているというものです。作るのは物凄く大変だっただろうなと思いましたが、私自身はあまりぐっと来なかったです。

■おまけ
ちょっと前にネットで話題になっていた作品も見てきましたw
送信者 2011年9月25日
送信者 2011年9月25日


ネットで「物を並べただけ」と批判されていたときに、「これはビデオを見ないと作品の良さが理解できない作品」という意見をみかけたのですが、ビデオ見てもよくわからなかったな。

ビデオでは、作者らしき人がチンパンジーのマスクをかぶって、「のしかかる」とか「動作」をしゃべって、その動作を並べてある「物」にする、ということをしていました。作品名が「新しい骨」とあったので、「2001年宇宙のたび」の猿と骨のシーンを意識した作品なのかな。
スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/1014-fce998d6

広告: