まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20110822 Mon
ヨコハマトリエンナーレ(横浜美術館)行ってきました。めっちゃ主観的に好き嫌いかくよ! 

ヨコハマトリエンナーレ(横浜美術館)行ってきました。めっちゃ主観的に好き嫌いかくよ! 

ヨコハマトリエンナーレの会場の一つである横浜美術館に行ってきました。
1800円のチケットを買ったんだけど、これで横浜美術館の他にも、新港ピアや黄金町エリアにも行かれるんだって。

現代アートの知識はあんまないんだけど、過去、原美術館と森美術館・・・あとどこかあったっけ、ともかく過去、現代アートを見に出かけて、琴線に触れる、非日常に誘ってくれるような作品を見た。今日もそういう感覚を味わいたくてヨコハマトリエンナーレに行こうと思った。

送信者 2011年8月21日


さあ、横浜美術館はどうだったでしょうね、
以下、私の好き勝手な感想だよ~(´∇`)

全体的に好みの作品が少なかったな。

そんな中でもこちらはいいなあと思った作品。

送信者 2011年8月21日

横浜美術館前の敷地にこういうモアイっぽいのがずらーっと飾ってある。
この一体だけ気に入った。
作品がグレーぽいので、後ろの建物のぬるいグレーと一体化するのが物足りなかった。



送信者 2011年8月21日

暗闇の中にキラキラ光るネオンと床にはなんかキラキラした玉があった。
若い女性が静かに歩き回るパフォーマンスしてたけど正直これは微妙だった。
小さい子どもがふざけてパフォーマーの後ろを真似してついていっててこっちの方がおもろかった。けど親御さんにやめさせられてたw



送信者 2011年8月21日

この床に撒かれてるものに近づくとこんな感じ。
送信者 2011年8月21日

これは気に入った。



送信者 2011年8月21日

これもキレイだった。
ずっと眺めてたかった。



送信者 2011年8月21日

色々な動物の写実的な絵の中の一つ。
カメの甲羅が、赤毛のアンに出てくるマリラの紫水晶みたいになってて好きだ。
絵がちんこいのもなんか好きだ。



送信者 2011年8月21日

空の定点観測写真。
有名な写真家さんの作品なんだけど、正直、空ってそれだけで素晴らしいから(特に朝焼けや夕焼けなどなおさら)、空の定点観測写真って誰でも素晴らしいもの撮れないかなと思ってしまった。



送信者 2011年8月21日

なんか服というか一コーディネートが丸めてある。フォトジェニックだし、良い位置に展示してあって、この会場のなかでもメインの作品なんだろうと思う。・・・だけど、いまいちグッとこなかった。



送信者 2011年8月21日

送信者 2011年8月21日

引越し途中の荷物みたいなのが置いてあって、合間にビデオ上映。
これも作品。
薀蓄ありきの作品やね。



送信者 2011年8月21日

送信者 2011年8月21日

原爆関連の記事が乗ってる新聞を束ねてある作品。
上に乗ってる小さな旗みたいなのにも原爆関連の記事。
岡田斗司夫さんが8/1のニコ生で「現代美術は自らの存在の不安から、つい社会問題を絡めた作品を作ってしまう」って言ってたことを思い出した。




送信者 2011年8月21日

通路の白い壁でそれ以上でもそれ以下でもないんだが作品なんだって。
なんかもうふざけるのもいいかげんに(ry




送信者 2011年8月21日

なんかこわい。
まあ、白い壁を見た後では製作した労力だけで評価したくなるw



送信者 2011年8月21日

ベルトとメジャー。
なんか意味あるんだろうけど、わたしこういうガッツリ意味お勉強しないと楽しめない作品が好きじゃないんよ。
そういう知識仕入れなくても、薀蓄聞かなくても、ある程度は感動したり非日常感味わえたり、心に響くものがアートだって、そういう思いがあるんやね。



送信者 2011年8月21日

トリエンナーレのポスターにもなってる、女の人たちが掃除してる映像。
ポスターよりも、画面が粗い感じで、それが何か良い効果をもたらしているような気がした。
つかれてたのでちゃんと見ないで退散した。



送信者 2011年8月21日

床に水晶玉ぽいのがゴロンゴロンしてて映像も流れてる。
こういうの好き。



送信者 2011年8月21日

中央に電話があってたまにオノ・ヨーコから電話がかかってくるらしい。
楽しい人は楽しいんじゃないかな。

それよかさ、他の会場ともつなげて、オノ・ヨーコの他にも、他の会場にいる一般観客からもランダムに電話かかってくるみたいにした方が面白くない?セレブから電話が来るのをお待ちしてますって現代アートっていうよりお台場合衆国みたい。



送信者 2011年8月21日

馬の木彫り。
正直、北海道の熊の木彫りを思い出すんだけど、白い壁とか新聞紙とか見た後だと「いやあ作るの大変だったでしょう、木を用意するのも大変だったね」と労いたくなるw
送信者 2011年8月21日

で、この馬の木彫りの上に乗ってる人がこのちんこい物体を眺めてるような構図で、さっきの木彫りとセットになってると思うんだけど、何を表現してるのかは薀蓄聞かないとわからん。ちなみにこれは針金で作った観覧車と遊園地その他。




送信者 2011年8月21日

これもよくわかんないんだけど、意味がたっぷり詰め込まれてるんだと思う。
とにかく、白い壁を見た後ではこういう頑張って作った作品にはすっかり評価が甘くなっている私なのでしたw



こんな感じでした。

あと、撮影できなかったんだけど、夜の雨降りの様子を描いた絵が印象に残ってます。部屋に飾りたくはないけど、なんか面白いなと思いました。



今回は現代アートについて色々考えさせられた。

こういうの発信する人としては、私みたいに作品の能書きを共有しようとしない人にも間口を広げたいのか、それともファッションの世界みたいなもので、ある程度、積極的に意味を共有しようと近づいてくる人だけを囲い込みそれ以外は排他的にすることで価値を保ちたいのか。あんまり私みたいなのにも間口を広げちゃうと、大衆的になっていかんみたいなものもあるのかしらね。どの程度スノッブさを保つのかその線引き具合が難しいような気がした。そのわりに社会問題絡めたり子どもにも間口を広げようとしてみたり、そのあたり矛盾してると思う。

現代アートは作品の魅力で観客を納得させられないと、こういった矛盾や存在基盤の脆弱さ(こういうのってなんのためにあるの?っていう)が即露呈するのだと思った。

あと、作品の選択にはスポンサー受けみたいなものも考えなくちゃいけないかもしれないね。
・・・って、一観客にここまで考させるのもまたどうかと思うんだけどw


でも、写真撮影が出来るのはすごく良かったです(一部撮影禁止、動画は禁止)
そのうち、他の会場にも行ってみようと思います(´∇`)ノ
スポンサーサイト

TrackBack

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/tb.php/1005-88572280

広告: