まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20110122 Sat
映画『ミツバチの羽音と地球の回転』観てきました 

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』観てきました 

iwaishima888.gif

iwaishima888.jpg


よくツイッターで「祝島」「原発」「ミツバチの羽音と地球の回転」というワードをよく見かけて、推測するに祝島に原発ができることに反対ということなんだろうなー、でもこの「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画はなんなんだろうなんか関係あるのかなと思っていたところ、立教大学で上映会とシンポジウムがあるとツイッターで教えていただき、観に行ってきました。

必要最小限のナレーションと映像。私はドキュメンタリー映画ってあんまり見たことないんだけど、みんなこういう感じなのかな?そこに好感持ったし、だからこそ、クライマックスである中国電力と住民達の海上対決がものすごく生きてくる。胸に迫る。問題点やストーリーを追いながら、一方で、祝島の暮らしや人々、動物達にのんびりと触れるような楽しさもあります。長いけど観ていて飽きなかったです。
あと、スウェーデンのオシャレさとあか抜け具合に目眩がしましたwこの国にどんくさいとこはないのかw 

映画は一つの作品として完結しているわけじゃなく、いま動いている現在進行プロジェクトの一環ということのようです。具体的な問題を取り上げるのだからそうであって当然ですよね。作品としてまとまることよりも大事なことだと思います。


■その後の祝島(2010年1月16日現在)

この日は上映のあとにシンポジウムがあり、鎌仲ひとみ監督、出演者の山戸孝さん、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんから映画撮影終了後の祝島の様子、そしてその後のプロジェクトの紹介がありました。

まず、今の祝島の現状は、ブイは立てられたものの、埋立工事はまだ行われていません。
山戸さんによると、その理由は三つあるそうで、

1.漁師さんたちがなんとか工事を押しとどめている。
ちなみに、漁師さんたちは10億円の保証金を積まれてもそれを受け取らず、海を守る決断をしているんだということを、この話の中で聞くことができました。

2.中国電力が、工事を始めるための何かのデータが不足していることがわかり、追加調査が必要になった。

3.裁判を起こしている。裁判の具体的な内容は聞き逃しました。それとも他の話に行っちゃったんだっけな。

それから、祝島では原発ができることになぜ反対しているかを知ってもらいたいということもあり、職業体験したい人を積極的に受け入れているそうです。『「こういう仕事やってみたい」という人を受け入れて一緒に採る・作るをする中で、なぜ祝島でこれほど原発に反対するのか、言葉にならない何かが伝わるのではないか』と山戸さんが話していました。映画観てたら私も行きたくなりました。ビワめっちゃ美味しそうだった。


■これからの祝島 自然エネルギーで100%自立した島に

こちらの話は主に飯田哲也さんが。

原発の反対運動をしていると「原発がなくてはやっていけない」という批判が必ず来るもの。ただ、世界の趨勢は石炭による火力発電、原子力発電は衰退の傾向にあるそうで、ヨーロッパを中心に、(NPO等だけではなく)政府レベルで持続可能なエネルギーにシフトしていく方向にあるのだとか。去年一番増えたのは風力発電だそうです。

日本から海外に目を向けると、このように小規模分散型のエネルギーに移行しているのですが、日本では、特に国(経済産業省)と電力会社が、新しいエネルギーに見向きもせず、ひたすら火力発電・原発にすがっている状態なのだとか。

日本は・・私達は、祝島からエネルギー革命を起こしたらどうかと飯田さん。いま、日本ではじめて祝島という一つの離島がエネルギー自活をしようとしている。ここをモデルに、この動きを広めていきましょうと。祝島の人たちは抵抗と日々の生活だけで精一杯(中国電力や海保の船が来たら仕事をほっぽりだして駆けつけなければいけない)なので、実現していくためには外からの応援がとても大事で助けになると仰っていました。

具体的にどう応援したらいいかも、もう考えられていて、『「1% for 祝島」という寄付プログラム』を紹介していました。自分の収入や何かの売上の1%を寄付しようということです。

http://www.iwai100.jp/supporter.html

このサイトからサポーター登録ができるそうなのですが、今日の時点ではまだ準備中ですね。なので、関心のある方はぜひマメにアクセスしてみて下さい。



反対運動だけではなくて、具体的な対案があって、そしてそこから新たな夢が広がっていくというのがすごくいいなと思いました。

映画の方は、2011年2月19日より、渋谷ユーロスペースでロードショーが決定したそうです。
まだご覧になっていない方はぜひ。
■「ミツバチの羽音と地球の回転」

■ミツバチ@staff Blog
鎌仲監督、映画制作スタッフのブログ

スポンサーサイト
20110106 Thu
年若い友人が亡くなって 

年若い友人が亡くなって 

友人が亡くなったという知らせを受けました。
自殺だったそうです。

気持ちが優しく誠実で、マンガの才能も素晴らしくて発想も面白く、何事もコツコツとやり遂げてしまう人で、私よりもずっと年下なのですが、とても尊敬していました。一方で生活状況で様々な困難を抱えており、日々奮闘しつつも、同時にいつも大きな絶望を抱えているようにも見受けられました。

私とは仕事でも関わっているところがあり、これからがんばっていこうねと言っていた矢先だったので、本当に残念で仕方がありません。

自殺の理由の本当のところはわかりませんが、金銭的な問題を始め、生活の不安定さからくる苦労が相当大きかったようです。日本は一見、まだまだ豊かなように見えますが、知らず知らずのうちに貧困はとんでもないところまで押し寄せているのかもしれません。

今日はなかなか他のことが手につかず、遺されたブログや動画などをぼんやりと見ていました。
喪に服すというのは、こういうことなのかなと感じています。

20110103 Mon
なすこ的ツイッターのつきあい方 

なすこ的ツイッターのつきあい方 

■翻弄されずに主体的に

「2010年をぐだぐだ振り返る」の記事で、「リテラシーが多少はついたのではないか」と書きました。
リテラシーの意味をgoo辞典で検索してみると、「メディアに対して主体性を確立すること。メディアが伝える価値観・イデオロギーなどを鵜呑みにせず、主体的に解読する力をつけること」だという。既存大手メディアに対してのリテラシーは以前から意識していたんだけど、ツイッターで出会う言論やそのほかのネットの言論に対しても意識するようになってきました。これも当然っちゃあ当然なのですが、ツイッターでこれはと思う言論人(有名無名問わず)をフォローしていくと、なかなか素晴らしい情報の集合体になるものですから、「自分が主体的に判断する」という姿勢をつい忘れてしまうんですよね(^o^;)


■無理しない、深刻に考えない

ツイッターでのユーザーさん達とのつき合い方。
今のところ、これが一番大事なんじゃないかなと思うのが「深刻に考えない」ということ。

ツイッターは技術的に行き違いが起こりやすいツールだし、人によってツイッターに対する考え方がものすごく違う。例えば、@にどれだけ返事を出すかとか。私の場合、何か言わねばと無理してリプライしたりするとたいていヘンなこと言ってヘコむことになるので、ユーザーさんに敬意をはらいつつ、無理しないで自分のペースでいることにしてます。

リムーブ・ブロックなんかの敷居も人それぞれ違うだろうからこれも深刻に考えない。私が使っているtweenは、最初は自分のことをフォローしてるかしてないかが露骨に色でわかる方式だったのですが、あまりこういうことを気にしたくないので、フォローしてくれている人もそうでない人も同じ表示になる設定にしています。


■対人スキルの低さを自覚して受け入れる

そう、私は空気が読めないんですよ。気の利いたことがいえないの。何かの集まりでアホなこと言って場を凍り付かせるなんて経験も数しれず。対人スキルが低い。だからもうね、自分自身でいるしかない。ヘンに好かれようとか欲を出さない。もちろん好かれたら嬉しいし嫌われたら悲しいけど、もうこういうのって自分が狙ってどうこうできることじゃないからあまり深く思い悩まないようにしてます。「自分がどう思われてるか」を深刻に考えすぎないこと。(ツイッターに限ったことじゃないですけどね)


■議論しない

人によってはツイッターを議論の場としても有効利用している人もいると思うのですが、私自身はツイッターは議論に向いていないと思ってます。また、これは蛇足ですが、「議論」自体についても懐疑的で、建設的な議論をするには、参加メンバーそれぞれがきちんと目的を共有していないと成り立たないのでは、なんて考えています。

広告: