まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20081128 Fri
「大江戸の姫さま」ペットからお輿入れまで 

「大江戸の姫さま」ペットからお輿入れまで 

大江戸の姫さま (角川選書)大江戸の姫さま (角川選書)
(2005/08/27)
関口 すみ子

商品詳細を見る

サブタイトルの「ペットから興入れまで」に惹かれて借りてきました。
大奥の中でも狆とか飼われていて、今の感覚でチワワやミニチュアダックスみたいな感じで可愛がられていたみたいでした。微笑ましくて読んでいて楽しかったけど、なんとなく現代で芸能人やお水系の人たちが緊張感のある人間関係の中でペットに慰めを見出す・・・みたいなのと重なりました。そういう人たちが実際どんな環境で暮らしてるのか知らないんだけど、吉田豪の「元アイドル2」を読んだばっかりだったのでつい影響されて・・・w

あと、この時代の乳幼児の死亡率の高さもなにげに思い知らされます。
お姫様たちは幼い頃から政略結婚で縁組されるんだけど、相手の男の子が幼くして亡くなって何回も相手が変わるみたいな話がしょっちゅう出てくる。庶民よりも明らかに健康に気を使ってそうな身分の子どもでさえもこういう状況なんですね。

私はお姫様といえば田辺聖子さんの源氏物語現代語訳や「あさきゆめみし」など源氏物語中心に平安時代のお姫様で江戸時代のお姫様にはあまり馴染みがなかったので、ドラマの篤姫とか大奥とか見てた人はより楽しめるんじゃないかと思います。
(江戸時代といえば時代劇の影響で町娘の暮らしの方が親近感があります)


スポンサーサイト
20081128 Fri
今日からホットラテ 

今日からホットラテ 

081128_0818~0001

ずっとアイスラテだったんですが、昨日冷蔵庫から出した冷たいままのラテを飲んだら身体の芯から冷え冷えする感覚があったので、今日からちゃんと温めることにしました。そばにあるのは毎年10~3月にしか売っていないラミーチョコレートです。

20081127 Thu
タマゴラーメン 今日のお昼 

タマゴラーメン 今日のお昼 

20081127145434

20081126 Wed
バナナ携帯 

バナナ携帯 

20081126140418
バナナを持ち歩くためのケースだって~
ダイソーにて

20081126 Wed
報道が教えてくれないアメリカ弱者革命 

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命 

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか
(2006/04)
堤 未果

商品詳細を見る


堤未果さんの「貧困大国アメリカ」がすごく良かったので他の本も読みたいなと思っていたところ、有隣堂でこれをみつけました。

「貧困大国アメリカ」は行き過ぎた市場経済や戦争に苦しむアメリカ人の悲惨な現状が主に伝えられていましたが、こちらは「なぜあの国にまだ希望があるのか」というサブタイトルの通り、苦しんでいる人が立ち上がっているという行動に重点が置かれています。

2004年の大統領選前に公正な選挙が行われるようにハンストしながら全米を回る男性、イラクでの悲惨な体験を伝える活動をしている元兵士、大統領が休暇を過ごしている別荘の前にテントをはって座り込みを続ける兵士の母親たち・・・。

中でも印象に残っているのは、学校から「JROTC」という、高校で生徒たちを軍国主義に洗脳させるようなプログラムをしてる国防総省の団体を、高校生が自分たちの力で学校から追い出したという話。なんかね、このJROTCは、資金力のない学校に乗り込んで、その中でもマイノリティとか弱い立場の子どもを狙って軍国主義に洗脳する連中という絵に描いたような悪者。それを高校生がネットを使ってJROTCの真実を広めるひとで対抗し、ついにはJROTCに申し込む生徒が激減して学校から追い出してしまったという話がすごい良かった。(JROTCの制度自体がなくなったわけじゃないから、追い出すことに成功したのはこの子の学校だけの話なんだけどそれでもすごいよね!)

なんかね、映画やドラマを見たあとのような読後感でした。
それだけ臨場感が強くて、読みながらハラハラしたりぞっとしたり喜んだりと忙しかったw。でも読みやすいのであっという間に読めてしまいました。おもしろいからかな。


20081120 Thu
【まんが】双子ウラヤマシス 1 

【まんが】双子ウラヤマシス 1 

futago01.jpg

続きを読む

20081120 Thu
【まんが】双子ウラヤマシス・・・? 2 

【まんが】双子ウラヤマシス・・・? 2 

futago02-1.jpg


すいません、ネットで拾ったエピソードから妄想して描きました(;´∀`)
でも双子さんウラヤマシスなのはほんとです


20081118 Tue
日本大通り 

日本大通り 

20081118182048

20081118 Tue
怒る夢と犬の夢 

怒る夢と犬の夢 

今朝見た夢。

場所は友だちの家。
あることで言い争いになってるらしく私が思い切り怒鳴る。

場面変わって友だちの姿は見えないんだけど、引き続き友だちの家という設定。
犬がいる。成犬と、白い仔犬が2、3匹。
仔犬に世話を焼きたくて、手のひらにミネラルウォーターを注ぐと仔犬が喜んで飲む。

という夢。

夢の中で怒ることを検索してみると、無意識に貯めていたストレスを解消すること、目の前の障害を破る力、エネルギーが高まってきて現状を打破したり事態を好転できること・・・。あ~なんかけっこう目覚めがスッキリしてたからわかる感じする!
白い犬はいま抱えている悩みやトラブルの解消、苦しみからの解消、心強い協力者の出現。

お~、なんかここ1ヶ月くらい悩んでたことがあったので、それが終わるとか解消されるってことかな。うん、そうだってことにしよう。
ついでになんか良いことあるといいなー(´∀`)

20081117 Mon
マンガ製作日誌 2-2 

マンガ製作日誌 2-2 

今日は2ページ目の「とりあえず描き」をやりました。大したこと描いたわけではないのですが妙に歩みが遅いです。エンジンがかかるまでは少しずつでも何か描いて行こうと思います。

20081117 Mon
のび太見た 

のび太見た 

081117_2024~0001

なんかこんな感じの人を二日続けて関内で見たんですよ。
こういう変わった格好の人はよくいるんであまり気に留めてなかったんですが、彼を目撃した1日目、家で横浜ウォーカーみてたら同じ人らしき人物が小さな記事で取り上げられていて、その記憶が漠然とあったまま二日目に同じ人を見かけて「あ~もしかしてあの人」となりました。
BankArt NYKの屋上とか黄金町のアートスペースでのび太パフォーマンスしてるアーティストの方だそうです。なんか黄金町の売春宿地帯がけっこうオサレで面白そうな場所に変わりつつあるようなんで、機会があったら行ってみたいなーと思ってます。

http://nobi-aniki.com/



20081116 Sun
冬眠中 

冬眠中 

いまサザエさん視聴中。
なんか今日は1時間やってるんだね。

今日は家から一歩も出なかったなー。
ずっと寝てるか本読むかなんか食べるかネットしてるかしてた。
で、テレビもつけっぱなしで。
ぬくぬくできて幸せなんだけど太りそうってのが気になる(;´д`)トホホ…
ユニクロのジャージの上下で髪もぼさぼさで格好からして終わっとる


そういえばさっき昼寝してたときに窓の外見たら雪が降ってる夢を見た。
それで携帯のカメラで撮影してるという。
さっそく雪の夢の検索してみたら

◆雪が降る夢
 冷静な判断を表し、その反面人に対しての冷たさを表します。

◆綺麗と思うような雪の降り方をしている夢
 物事が新鮮な気持ちで始められるまた行える表れです。

もう一つのサイトでは
◆雪の夢は無垢な心、清純さ、潔白などを象徴しています。また、冷たさや孤独を表わしている場合もあります。(略)雪が降る夢は、部屋から雪の降るのを眺めていたり、直接自分の体に降りかからない場合は、幸運の訪れを告げる吉兆です。

だってー。
幸運来てほしいです。

20081114 Fri
壁新聞コンテスト 

壁新聞コンテスト 

20081114221749
新聞博物館の一階に、中学生が作った壁新聞がたくさん掲示していました。

力作ぞろいでスゴかったです。ソツなくキレイなものよりも、なんか妙だったりツッコミどころ満載のものについ肩入れしたくなってしまいます。

20081114 Fri
あずきのチカラ 

あずきのチカラ 

20081114160624
布の中に小豆が入っていて、レンジで40秒ほどあたためて目の上に乗せます。

最近いつも寝るときに使ってるんですが、すごく気持ちよくてすぐに寝てしまいます(´∀`)。ドラッグストアで700円くらいだったかな。

20081113 Thu
博士も知らないニッポンのウラ 「社会保険庁のウラ」 

博士も知らないニッポンのウラ 「社会保険庁のウラ」 

年金を管理する社会保険庁のひどい実態に唖然。
テレビや新聞などでスルーされてることとか、名前だけは聞いたことがあるけど・・・みたいなことを面白くわかりやすく解説してくれてます。
ちゃんと選挙いかなきゃな・・・とあらためて思いました。

本来はミランカさんのコンテンツなのですが、前に「みんなに知ってもらうためにはニコニコへのうpもまあいいでしょう」という半ば公認的な発言もあったので、まあ載せちゃえということでうpりました。でもこんな良いコンテンツを作ってくれているのでミランカさんには積極的に投げ銭していきたいです。






20081113 Thu
落ち込み気味だったけど、ちょっと寝たらすっきり 

落ち込み気味だったけど、ちょっと寝たらすっきり 

落ち込み気味だったけど、20分くらい寝たらすっきり。
睡眠をとることでエンドルフィンの分泌が促される・・・なんてどこかに書いてありそう。

そういえば今日はマックでキャラメルマキアート味のフルーリー食べました!



20081112 Wed
9月の終わりに 

9月の終わりに 

20081112224724
フォルダを整理してたら出てきた画像。9月の終わりにクイーンズイーストのロクシタン行って帰りにタリーズ寄った時です。

このときはまだ暑かったのかスムージーを飲んでます(タリーズ独特の呼び名があったと思ったけど失念)。ロクシタンの紙袋があまりに素敵だったので一緒に撮影。

20081112 Wed
無為 

無為 

やるべきことはいろいろあれど
今のところ無為に過ごしている。

マンガの続き描いたりしたいなあと思いつつ、心の処し方みたいなことばっかり考えてしまう。
昨日のブログに描いた「脳にいいことだけをやりなさい!」では、ネガティブなときの対処法も具体的な方法が色々書いてあったんだけど、こっちの方はあまり実行する気がしなくて、結局はいつも自分なりの方法にしてしまう。荒ぶる心のときはひたすらもがき、落ち込む心のときはじーっと沈んだまま浮上するのを待つ感じかしらね。



20081111 Tue
「脳にいいこと」だけをやりなさい! 

「脳にいいこと」だけをやりなさい! 

「脳にいいこと」だけをやりなさい!「脳にいいこと」だけをやりなさい!
(2008/11/07)
マーシー・シャイモフ

商品詳細を見る


昔からこういう脳に関する本とか自己啓発本が好きでよく読んでいたので、内容としては聞いたことのあるものがほとんどだったんですけど、でも色々な本に散らばっていたものがこの一冊によくまとまってたので手元に置いておきたいなと思って買ってきました。

人はつい「お金があれば、仕事が成功すれば、美貌があれば・・・etc幸せになれる」と思いがちですが、幸せになるために実はそんな条件はいらなくて、ただ脳が幸せだと感じればそれでOK。そして、普段からそんなポジティブな意識でいる人こそが結局は人生で成功や幸せを引き寄せ手に入れていく。そういう幸せ感度の高い脳にするために、脳の中の楽観回路を作っていこう、ポジティブな考え方を日々意識して定着させてしまおう・・・ということが書いてある本です。

私もなんでこうお馴染みのことが書いてあるのについ買ってしまうのかというと、なんかね、常に情報をインプットしたりして思い出させないと忘れちゃったりするんですよね。
良い本読む→日々の生活に生かす→けっこう調子よい→高値安定→忘れ始める→落ち込んだりする→また本読む→思い出す・・・みたいな感じ。同じ本をずっと読むという方法もあるけど、なんかこう、またちょっと違った書き方のもので刺激を受けたいとか思ったりするんです。でもま、いろいろ本読んだり実践したりしただけあって昔の自分から比べると大分進歩したと思ってますよ。



そうそう、この本で役に立ちそうで良かったこと。
色々あるんだけど、ちょっとメモしとこうと思ったのは、

(1)ちょっとでも嬉しいことがあったら見過ごさずに意識する。
誰かといい感じで挨拶できたとか、美味しかったとか、お店の内装が可愛かったとかかわいい犬がいたとかどんな些細なことでも注意を向けて30秒くらい味わってみるんだって。
こうすることで、嬉しいことを見つける感受性を鍛えて伸ばしていく。そうすると、そのうちに脳の回路が鍛えられて意識しなくても幸せ感度の高い人になれる。
うん、なんかすぐにでもできそうだし確実に毎日楽しくなれそう。

(2)今あるもの、なんでも見つけて感謝をする
嬉しいこと探しのバリエーションですが、感謝の場合は、より暖かいもので満たされる感覚があります。
本の中では、お母さんを亡くした女の人が、感謝をすると気持ちを楽にすると聞いてお父さんと一緒に毎日「何でも見つけてありがとうを言う儀式」を試みるんですが、最初はあまりに言うことがなくて「美しい花瓶でいてくれてありがとう(?)」なんてところから始めて、でも続けていくうちに感謝することがどんどん出てきてしまいには途中で打ち切らなければいけないほどになる、それにつれて実際に良いこともたくさん起こりだす、なんて話が載っていました。
これもなんかわかりますよね。脳の感謝を見つける回路がどんどん開発されて、ありがたいなと思えるものに敏感になる。当然実際の行動にも反映されてくるから現実の生活も良い方向に回りだしていくんですよね。

(3)宇宙は自分に味方してくれていると信じる
人生の出来事ひとつひとつを、見えない力が与えてくれた特別なチャンスだと思う。あれ?と思う偶然があったらただの偶然などと流さずに意味があることだと思って偶然の素晴らしさを噛み締める。困ったときにはいつも大きな力が助けてくれると考える。


他にも使えそうないいなと思ったことたくさんあるんですが、長くなりそうなんでとりあえずここまで!
書いてみたらけっこう宗教っぽいことが多いんですよね。
(3)の宇宙とか見えない力を信じるというのは宗教でいうと神様になりますものね。
宗教にはこういう「人生をより良く生きる知恵」と「人を支配する道具」の二つの側面があると思うんですが、もしかしたらもともとは前者のような素朴な願いから始まったことなのかもしれませんね。
話がそれましたが、こんなふうにすごく良い本なので、いつも手元においてちょこちょこ読み返して実践していきたいなと思います。

20081111 Tue
11月11日の日記 

11月11日の日記 

ドトールで朝食。そばのテーブルにいた二人連れさんたちが某役所を休職中だというお話をしている。それは二人連れの片方の人らしい。たぶん年金とか税金とかを厳しく取り立てる部署にいらして、それがつらくて仕事を続けることができなくなってしまったんだそう。話を聞きながら、この方は人として正常な感受性を持っていらっしゃるんじゃないだろうか・・・なんて思ってしまった。もちろん、嫌われ役をやる人の偉さというのもあるんだろうけれど・・・。

オフィスにて。高認本の追加の本が出版社から届く。宣伝に繋がりそうなところに送ろうななんて考えてます。

梅田望夫さんのブログで「日本語が亡びるとき」の紹介をみて一瞬「英語・・・読めるようにならなきゃだめ?」などと心が揺れる。必要性がないと身につかないものだけどこれ読んでると必要性がないことに気づかないのが悪いっぽい気になってくるw。たまにyoutubeで動画みたり英語のウィキペ読んだりするけど、ウィキペみたいにまとまった文章を読むのは疲れるね。一から全て理解しようとしないで、ぽつぽつ理解できればokくらいで字を追ってればいいのかな。

図書館にて。漠然とこういうもの書きたいなあと思っているものについて調べ物。でもやっぱり漠然と情報収集している段階じゃないのかも?先に書きたい内容をもっと決める作業がいるかなあと思った。でもそれはともなく、本が好きなので図書館で色々な本を読むのは楽しい。

和風サンタさんを図書館で目撃。いつもは関内近辺で見かける方で、サンタさんぽい体型とカラーリング(白髪に独創的な刈り込みをいれたヘアスタイルと赤っぽいスウェット)とサンタさんの白い袋の代わりに唐草模様の風呂敷を背負っているので私とMさんは和風サンタさんと呼んでます。図書館では「日本仏教史」を読み耽っていらっしゃいました。やっぱり和風サンタさんだw

フレッシュネスバーガー関内駅前店に初めて行ってきました。
081111_1818~0001
オレンジティーとホットドッグで700円か・・・。いつも100円マックとかしてるんで高く感じたけどホットドッグはやっぱり美味しかった。ま、たまにはいいか。席はさすがに居心地いいです。
ホットドッグを食べながら、なんとなく、ブログをもっと頻繁に更新したいなーなんて思ってました。


20081108 Sat
ありがとう、ヘンリー 自閉症の息子と共に育った犬の物語 

ありがとう、ヘンリー 自閉症の息子と共に育った犬の物語 

ありがとう、ヘンリー―自閉症の息子とともに育った犬の物語ありがとう、ヘンリー―自閉症の息子とともに育った犬の物語
(2008/08)
ヌアラ・ガードナー

商品詳細を見る


マイカルの本屋さんで時間つぶしにちょっと立ち読み・・・のはずが、見る見るうちに引き込まれて買わずにはいられなくなってしまいました。

デール君という自閉症の男の子がいます。
本を書いてるのはそのお母さんのヌアラさん。

本の前半はとにかくデール君との壮絶な毎日。
自閉症と言ってもそれぞれ症状の程度とか違いがあるんですが、デール君の幼少期はとにかく激しくて、ヌアラさんは日々デール君の激しいカンシャク、スキあらば突然道路や窓の外に飛び出そうとするムチャすぎる行動、周囲からの無理解、それなのに息子と心が通じ合えない絶望感などで身体も心も消耗しつくします。

でも一方でヌアラさんには「息子の自閉症に良いんじゃないか」という情報やひらめきがあったらワクワクして行動に移さずにはいられないバイタリティもあって、いろいろと試すなかで少しずつは前進したりもします。

そんな日々の中、遊びに行った親戚の家でデール君がワンちゃんと楽しく遊ぶ姿を見て、ヌアラさんは犬を飼うというアイデアに夢中になります。父親のジェイミーさんの方は今の状況で犬を飼うなんて・・・と躊躇しますが、とうとうレトリーバーの仔犬を飼うことになります。
それがタイトルにもなっているヘンリー。
名前はデール君の大好きな機関車トーマスからつけられました。
私はよくわからないんですが、英語の世界では仔犬にヘンリーって名前はミスマッチでヘンなんだってね。ヘンリーと名づけられて「最初からそんな運命にあるなんて、かわいそうな仔犬だ」なんてジェイミーさんがつぶやくシーンがあります。

デール君はヘンリーと出会ってどんどん変わっていきます。
すっかり諦めていた、人とのコミュニケーションがきちんととれるようになっていくんです。
到底ムリなことだと諦めていた「好き」と「愛してる」の違いさえも理解していきます。
ヘンリーに出会ったことだけで全てが魔法のように変わったというよりは、ヘンリーへの愛情によって、お母さんをはじめ周りの人たちがデール君に教えてきたたくさんのことが実を結び始めたというふうに読めました(「前に教えてたアレ、ちゃんとわかってたんだ!」というシーンがよく出てくる)。ヘンリーの出現でみんながみるみるうちに幸せになっていく姿は読んでいて嬉しくなります。

私がいいなと思ったのが、デール君とご両親で「いじめ対策」を一緒に考えるところ。
デール君も中学校に入って普通学級の生徒の一員としてやっていくまでになるんですが、そうなると今度は一般的な子どもが体験する悩み「いじめ」に遭遇することになります。デール君の様子がおかしいことに気づいたヌアラさんは、中学校でいじめられていることを聞き出し、さっそくその対策を考えます。これがけっこう具体的で良かったんですよねー。
晴れていじめっこを撃退したデール君は、今度は自分と同じような仲間たちの用心棒役をかってでるというのも痛快でした。

そんなわけで、すごく読みごたえのある本でした。
おすすめです!

20081108 Sat
高認(高等学校卒業程度認定試験)の試験日まであと1週間 

高認(高等学校卒業程度認定試験)の試験日まであと1週間 

高認の受験日が2008年11/15、16なので、ちょうどあと一週間ですね。

もし、
「高認受験申し込んだはいいけどなんも勉強してね!」
「何も勉強してないから、当日試験受けるの気が重い・・・」

などと思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ「これならできる!高認合格超基本テキスト」をご覧下さいませ。
マークシート問題のコツ、サイアク何も勉強してなくても、そんな中で最大限に点数をとれるコツなど、高校認定試験を有利に運ぶ情報が盛りだくさんです!
マンガつきなので楽しく読めます。
また、マンガだけ読んでも本の内容がわかるようにもなっています。

お求めは本屋さんの参考書コーナー、または通販でどうぞ。
これならできる!高認合格超基本テキスト
これならできる!高認合格“超基本”テキスト―中卒・中退・不登校からの高卒資格取得


宣伝サーセン!

20081108 Sat
オバマ次期大統領ノッチを“公認” 

オバマ次期大統領ノッチを“公認” 

zakzak20081002.jpg
(画像はZAKZAK2008.10.2より)

なんかバラエティ番組の企画でノッチさんがオバマさんの集会にもぐりこんだところ、ご本人から声をかけていただいたそうですw

というわけで、先日の大統領選は私もワクワクしながらニュースサイトやアメリカ在住の方々のブログを見て回ったりしていました。
ちょうど先日読んだ「貧困大国アメリカ」に、共和党政治や市場原理主義経済下で苦しむ人たちのことが書かれていたこともあって、オバマさんが当選してほんとに良かった、これで良い方向に変わっていけばいいなと思いました。
それにしてもオバマさんが大統領になるのは来年だというのに、すっかりブッシュ大統領の影が薄くなっていますね。


20081107 Fri
マンガ制作日誌 2-1 第一話をどういうふうに描いていくか 

マンガ制作日誌 2-1 第一話をどういうふうに描いていくか 

081106_2217~0001

新しいマンガの制作日誌ということで、番号は2-1というふうにふっていきます。

このマンガは続き物で、今描こうとしている第一話のストーリーとだいたいのセリフは決まっています。
今までみたいに4コマではなく、ちゃんとしたコマ割りにしていくつもりです。
で、それをどうコマ割りしていけばいいか。。。というところでしばらく悩んで止まってしまっていました。

そこで、まずは「一話につき14ページ」「1ページあたり6コマ」と決めてしまって、そこに大まかな構成を当てはめ(起承転結の起の部分は1~2ページ、承は3~8ページ・・・みたいに)、そして細かなマンガをポコポコと当てはめていくことにしました。
こうすると4コマに慣れた私でも進めやすいです。
それから、もう一つ前に進まない原因だったコマの大小みたいなサイズの変化も後から考えることにしました。

なので、とりあえず不要になったコピー用紙の裏を折って12等分し、見開き2ページ12コマと見立て、そこにシャーペンで描き進めていきます。

20081107 Fri
100円ランチ マックにて 

100円ランチ マックにて 

20081107123433
山下公園前のマックにて。
コーヒー無料券いただいたのでハンバーガーの100円だけ(・∀・)

今日は朝ご飯いっぱい食べたのでこんだけ。いつもはポテトもないと物足りないです!

20081107 Fri
姿勢が悪いことに気づいた 

姿勢が悪いことに気づいた 

昨日、町を歩いていて、大きな鏡を横切る自分をみたら猫背だった。
自分では猫背のつもりじゃなかったんだけど客観的に見たら猫背でかっこわるかったので治していこうと思う。
猫背っていうのは背中が丸まっていて首が前に出てる感じ。

いろいろネット見て回ってたら、とりあえず肩甲骨を寄せるようにするといいみたいで、やってみるとたしかに普段使っていない筋肉を使うような心地よさがあった。

■自分は、猫背なので、いい姿勢になりたいです。
しかし、いい姿勢ってどんな姿勢のことなんでしょう?

■背中に出ているアナタの生活感

20081106 Thu
十種の野菜のカンパーニュサンド 

十種の野菜のカンパーニュサンド 

20081106115243
ドトールにて。
葉っぱとかキノコとか淡白な野菜ばかりなんで、いかにも体に良いもの食べてる感じです。

20081105 Wed
新しいマンガ描いたり 

新しいマンガ描いたり 

新しいマンガを描き始めています。
特に誰かに頼まれてというわけではありません。
長年温めてきてあちこちに描き散らかしていたものを、ちゃんと作品にしようと思って始めました。

第一話のだいたいの筋は考えてあるので、あとはコマ割りをして下書きをして・・・と進めていきたいのですが、コマ割りでちょっとつっかえてます。
今回は慣れ親しんできた4コマではない普通のかたちにしようと思っているので、それもつかえている理由の一つです。
前に進まない一番大きな要因は、なんかコマ割りの段階なのに完璧なものを目指してしまって四面楚歌になってるということかな。
この前買った茂木さんの「脳を生かす仕事術」でも、不完全でもまずは形にしてそこから納得いくまでなおせばいいって書いてありましたしね、「まずは描け。話はそれからだ」ってことでしょうか。

20081105 Wed
マンガ制作日誌41 『これならできる!高認合格“超基本”テキスト』PRページ 

マンガ制作日誌41 『これならできる!高認合格“超基本”テキスト』PRページ 

松本先生が動画付きのPRページを作って下さったので、よろしかったらご覧下さいませ。

高校認定試験の受験を考えていらっしゃる方には必須な本だと自負しております。
高校認定試験の申込みの仕方とか必要な手続き、勉強方法、勉強が苦手な人のための奥の手、などなどがわかりやすく書かれています。
マンガの方も単に説明するだけではなく、一つのお話としても楽しめると思います。

20081104 Tue
すてきなあなたに 

すてきなあなたに 

すてきなあなたにすてきなあなたに
(1994/09)
大橋 鎮子

商品詳細を見る


先日、鎌倉のT's Teaに行ったときに「暮らしの手帖」のコラムを集めた「すてきなあなたに」という本が自由に読めるように置いてありました。日常のこと、季節のこと、外国こと、お洒落のこと、食べ物のこと・・・などが丁寧で優しい文章でつづられています。
昭和50年代とかそれくらいの時代の本なのかな、話の内容も当時の感じなんだけど古い感じは全くしなくて、むしろすごくこの時代にタイムスリップしたいなと思いました。
最近「ブンブン堂のグレちゃん」といい、すっかり昭和づいてます。

実はこの日はちょっと心が疲れ気味だったんですが、「すてきなあなたに」を読んでたら「ああ、癒されるって言うのはこういうことなのか」というほっとするような安心した気分になれたんです。

というわけで、今日さっそくアマゾンで注文しました。
いつも側においておいて、寝る前とかにゆっくり読みたい本です。

広告: