まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20150501 Fri
【4コマで読む資本論】17回目 「現代の搾取はわかりづらい」 必要労働と剰余労働 

【4コマで読む資本論】17回目 「現代の搾取はわかりづらい」 必要労働と剰余労働 

搾取1
搾取2

スポンサーサイト
20150421 Tue
【4コマで読む資本論】16回目 「利潤を生み出す確実な方法とは」  

【4コマで読む資本論】16回目 「利潤を生み出す確実な方法とは」  

価値の源泉2

価値の源泉1

価値の源泉3

現代だと「価値を生み出す商品」というとお金そのものや株、債権という金融商品が思い浮かびますが、マルクスはこれらを「擬制資本」、要はフィクションの資本だと言っています。

そういえば一般大衆が投資を身近に感じ始めるきっかけとなったのではと思う本『金持ち父さん貧乏父さん』の冒頭には「お金に働いてもらう」というフレーズが出てきます。実はこの本が書かれた当時はまだ「労働こそが価値を生む」という意識が基本で、そこからいかに人々に「お金が価値を生む」という発想を植えつけていくか…ということだったんでしょうねえ。

続きを読む »

20140307 Fri
【4コマで読む資本論】15回目 「雇われるのが一番堅実!?」  

【4コマで読む資本論】15回目 「雇われるのが一番堅実!?」  

雇われるのが一番堅実!?1
プロレタリアート2

いま「真面目に働く」と言ってまず連想されるのは、ここでいう労働者としての生き方、つまりどこかで雇ってもらって、ある時間分だけ労働力を売る働き方ですよね。本来、労働というのは自然のものに働きかけて価値を作ること。もう少し抽象度を下げて言うと、生活に必要なことはもれなく「労働」になるんだと思います。ですので、堅実な生き方イコールどこかにお勤めするというのは今の社会に特有の限定的な価値観なんですよね。

4コマ目に「工場とか土地とかお店とか何も持ってない人」が書かれています。資本論では労働者は「二重の自由」があると書かれていて、一つ目はそういった土地や工場などから自由なこと、そしてもう一つは身分が自由なこと。奴隷ではないということですね。だから奴隷と違って仕事を選ぶ自由はあるんです。

資本論では、資本主義が進んでいくと自営業や中小零細企業はどんどん大資本に駆逐されて行き、少数の大企業と圧倒的多数の労働者という社会になると書かれています。

私としてはのほほんと暮らしていける社会がいいなあ。

20140124 Fri
【4コマで読む資本論】14回目 「継続は資本家なり」  

【4コマで読む資本論】14回目 「継続は資本家なり」  

資本家の誕生

「企業の業績が悪化」「事業に失敗して失踪」などという話はよく聞きます。
ビジネスをするというのはこのように大きなリスクを伴うものです。

素朴な経済感覚からすると「じゃあ利益が出たところでやめちゃえばいいんじゃね?」と思ったりもしますが、でも実社会で「よし、これだけ利益が出たから解散しよう」なんて会社はありませんよね。逆に、会社がなくなるときって損ばっかり出て倒産するときですよね。

こんな感じで、資本主義経済下の商売というのは「これだけ儲かったからおしまい」ということはなく、際限なく「もっと儲けよう、もっと儲けよう」となるものです。

「何を当たり前なことを」と思われるかもしれませんが、そのみんなが見捨てていた「当たり前のこと」から考えていったのがマルクスで、だからこそ誰も気づかなかったことにたくさん気がついたんだと思います。

"資本の流通は、かくて、際限がなく、止むを知らない。"
"この運動を意識的に代理するならば、貨幣の所有者は、資本家となる。"

(資本論第四章より)

元手となるお金で商品を買って価値をつけて売る、またその売れたお金で商品を買って価値をつけて売る、またそのお金で商品を買って価値をつけて売る…こんな感じで、どんどん価値を増やす運動をしはじめたお金というのはただのお金ではなく資本となる。そして、その運動の担い手をマルクスは資本家と呼びます。

20140123 Thu
【4コマで読む資本論】13回目 「お金と資本の違いって?」  

【4コマで読む資本論】13回目 「お金と資本の違いって?」  

貨幣が資本に

いきなりW-G-W-G…なんて書いてあって面食らった方も多いかと思いますが、マルクス経済学ではお約束の式らしいので、書いてみました。ようは、商品-お金-商品-お金…と交換しているということです。

この話を聞いたときに「いやいや、お金ってそんな簡単に増えないから」と思ったのですが、マルクスが言っているのは個々のことではなく社会全体で言うとこうなる、ということなんですね。

ちなみに、商売の難しさはマルクスももちろんわかっていて、そこはこちらでマンガにしました。
【4コマで読む資本論】11回目 「使うのは簡単なのに稼ぐのは大変!」

で、この資本を投じて儲けた分は「剰余価値」と呼ばれています。

広告: