まんがイラスト ぼうごなつこのページ

まんがイラスト ぼうごなつこのページ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なすこ

Author:なすこ
まんが・イラスト描いてます
横浜市在住
http://www.bougo.com/
MAIL bogo@trialmall.com
http://twitter.com/nasukoB

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20100813 Fri
【旅まんが】ストラスブール・ミュンヘン・フランクフルト旅行記 準備編・旅の持ち物持っていって良かったものそうでないもの 

【旅まんが】ストラスブール・ミュンヘン・フランクフルト旅行記 準備編・旅の持ち物持っていって良かったものそうでないもの 

旅行に持って行って良かったー!というものたち
Stras4.jpg
あと、いま思い出したけど、部屋の中で履くビーチサンダル


これ持ってかなくってもよかったな・・・&持っていけばよかったというものたち
Stras5.jpg


スポンサーサイト
20100812 Thu
【旅まんが】ストラスブール・ミュンヘン・フランクフルト旅行記 第一話「準備編・なんでこのコースなの?」 

【旅まんが】ストラスブール・ミュンヘン・フランクフルト旅行記 第一話「準備編・なんでこのコースなの?」 

去年2009年7月に私と両親の3人で、ストラスブール・ミュンヘン・フランクフルトに行ってきました。
まずなんでこの三都市なのか?ということからお話ししていきたいと思います。

まず、メインに訪れようとした都市はフランスのストラスブールだったんですよ。
というのも、母の友人がご主人のお仕事でストラスブールに2年くらい住んでいて、ずっと遊びにおいでと招かれていたのですが、海外旅行ってそうそう行かれるものでもないので、いざ両親の仕事の調整がついてストラスブールに行かれることになったところで、お友達が帰国。けれども、かきたてられた旅情はおさまらない、ということで、親子三人で旅行に行くことになったのです。
Stras1.jpg


というわけで、ストラスブールは決まったものの・・・
Stras3.jpg
どうも母の中で、「ストラスブールはフランスとドイツの国境にあってドイツ文化が色濃い」ということでフランスとドイツが渾然一体となってしまい、結果的に「ストラスブールはドイツ」と脳内処理され、しかもドイツのイメージをどんどん膨らませていくので、家族内ツアコンを任命された私としては、ストラスブールとどこかドイツの他の都市を回ろうかなと思ったのでした。


この時点で、私自身のストラスブールやドイツへのイメージが全く湧いてきません。
どちらかというと、映画の記憶から、イタリアや南仏の方が親しみが湧きます。


とりあえず、日本からストラスブールへの行き方を調べてみました。
パリあるいはフランクフルトの空港から電車で行く方法がポピュラーのよう。ならば、フランクフルト空港を利用すればドイツ観光も出来る。

ウィキペディアによると、「フランクフルト国際空港からはルフトハンザドイツ航空の連絡バスがストラスブール駅前まで運行されている。このバスは航空機の代替便として走っているので、ルフトハンザ航空の飛行機の乗り継ぎ便として利用できる。日本からルフトハンザ航空やスターアライアンス系航空会社でフランクフルト空港経由でストラスブール入りする場合は、このルートが便利である」とのこと。ちょうど、ユナイテッド空港のマイルがたまるクレジットカードを持っていたのでこれは好都合。ぜひこのバスを利用したい。けれども、ルフトハンザのサイトを見ても特に予約フォームなどはなく、電話で予約するシステムのよう・・・。


いろいろ考えた結果、こんな感じのルートで回ることにしました。
Stras2.jpg
フランクフルト空港に到着し、ここで一泊。ユーレイルパスを使ってミュンヘンへ電車で移動。ミュンヘンに滞在。電車でストラスブールへ移動し最終日までのんびり。そして、滞在中に電話予約してルフトハンザのバスでフランクフルト空港に行き帰路へ。

この話がもちあがるまで、あまりドイツに観光することをイメージしてこなかったので、フランクフルトの他にどこを回ろうか迷ったのですが、なんとなくミュンヘンに決めました。きっと昔読んだ「ミュンヘンの小学生」「ミュンヘンの中学生」がどこか頭に残っていたからだと思います。


20090819 Wed
ミュンヘンからストラスブールまで。車窓からの景色だよ。 

ミュンヘンからストラスブールまで。車窓からの景色だよ。 



2009年7月9日
ミュンヘン中央駅12時41分発 インターシティ(IC2260)に乗って、
カールスルーエ中央駅に15時50分着。

カールスルーエ中央駅からは16時ちょうどに出るインターシティエクスプレス(ICE 277)に乗って、オッフェンブルグ駅に16時27分着。

オッフェンブルグ駅からは16時34分に出るSバーン(Ortenau-S-Bahn GmbH)というのに乗り換えて17時4分にストラスブール着です。

動画はミュンヘンからカールスルーエの途中にあるウルム駅を出発してしばらくの間です。車の路上駐車がたくさんありましたが、普通に路上を駐車場として使っているみたいです。
電車の中は自転車を持ち込める車両があります。
ペットも乗り込めるらしいんですが、このときは見ませんでした。
ミュンヘンの地元の電車ではワンコ連れの人を何回か見ました。
町の中心、特に住宅街のようなところでは、よく中央に教会が建っています。
今見直したら電車の中静かですねw

カールスルーエ中央駅ではホームがよくわからなくて乗換が不安でしたが、隣の席のドイツ人のおじさんが親切に次に乗るホームまで私たち家族を連れて行ってくれました。

続きを読む »

20090818 Tue
ストラスブールで乗った観光ボート 

ストラスブールで乗った観光ボート 



なんてことない動画なんですが、せっかく撮ったのでうp。
ストラスブールの川を巡るボートです。
ストラスブールは観光スポットのほとんどが川の近くにあるので、このボートに乗ればだいたいの見どころが見物できます。
オーディオガイドがついていて、けっこうたくさんの言語がカバーされてる。
もちろん、日本語ガイドもありましたよ!


20090719 Sun
第一日目 フランクフルト郊外の町に泊まった 

第一日目 フランクフルト郊外の町に泊まった 

IMG_0413.jpg IMG_0411.jpg

1日目のホテルはフランクフルトから電車で20分くらいのオッフェンバッハにあるホテルネロ。
ホテルのある場所はちょうどフランクフルト空港から飛行機が飛び立つ&着陸するルートみたいで、飛行機の音がしょっちゅう聞こえた。
町の中心には教会があって教会の鐘がよく鳴ってた。
それはヨーロッパらしくてよかった。
ただ、真夜中にもしょっちゅう鳴る。



IMG_0417.jpg

ここに決めたのは、フランクフルト中央駅付近に泊まるよりもドイツの日常的な暮らしが感じられそうだったから。予約サイトの画像で見たホテルの印象は、ヘンな絵や造花が飾ってあってちょっと安っぽいトホホなホテルに見えましたが、実物はとってもかわいい建物でした。



IMG_0421.jpg IMG_0422.jpg

私が泊まったシングルルームです。
すでに荷物がとっちらかってるw 
シャワー・トイレ共同ということだったんでどうなることかと思いましたが、両親の泊まった部屋にシャワー・トイレがついてたので、シャワーはそっちを使わせてもらいました。夜中のトイレは共同の方に行きましたが、小さなホテルで他にお客さんの気配もなかったので、当初心配してたような「使いたいんだけど先客がいるor他の人が待ってるから早くしなくちゃ」的なことはまったくなかったです。・・・ってまたトイレ話しちゃったw

あと、シャワーやトイレがなくてもお部屋に洗面所があるので、顔洗ったり歯を磨いたりはお部屋でできます。部屋でお水が自由に使えるというのはすごく便利です。ホテルの口コミで「お部屋が狭い」とありましたが、私たちのとまった部屋は画像の通り十分なスペースでした。


IMG_0410.jpg

こっちは両親が泊まった部屋。
画像の反対側、私がカメラを構えているほうにシャワーとトイレの小さい部屋があります。
設備とか広さとか私の部屋よりいろいろ豪華だった。
収納スペースが大きめでした。



部屋で落ち着いてから町を探検しつつ夜ご飯の場所を探してたんですが、ドイツ料理らしきお店(もしくはビアホールみたいなの)がみつからなかたorz イタリアンのお店はよくある。それも好きだけど日本でよく食べてるし、ドイツ初日だからやっぱりドイツ料理がテンション上がっていいかなあと。

でも結局お店が見つからなくてホテルが経営してるイタリアンレストランに落ち着いた。
ホテルには宿泊客の気配があまりなかったけどレストランは賑わってた。ホテルの中庭にテーブルがたくさん出してあって、そこでみんな食事してる。
サラミのピザと、サラダ。
見たまんまの味で普通に美味しかったよ。
IMG_0416.jpg

一皿の量が多いので、二品を三人で分け合ってちょうどいい感じでした。
「ヨーロッパではレストランで料理を分け合って食べることはしないので日本人もそういう非常識なことせんように」ってなんかの本で読んだけど、私たちもここでは外人なんだし、まあいいだろーってことで旅行中はいつも2品を三人で食べるというオーダーをしてた。「分け合って食べます」って言えば、お皿やフォークをもう1セット持ってきて対応してくれる。でも他のお客さんを観察した感じ、基本的には一人一皿頼むのが一般的みたいですね。小さい子どもでも普通の量の料理を自分の前に置いて食べてた。大量に残してたけどw

やっぱりホテルで食事すると楽だな。
ご飯食べたあとにまたすぐに部屋に戻ってゴロゴロした。

広告: